FACTORIUMでは、デジタル戦略・デジタルトランスフォーメーションにおけるすべてのプロセスを支援できます。

弊社におけるデジタルトランスフォーメーションの目的とは「デジタルサービスの創出」「デジタルな顧客体験の実現」「見えるKPIの改善」「データ分析の民主化」の4つと定義しています。まずは、戦略策定、ドメイン策定、組織設計、DMP(CDP)などのシステム導入、顧客理解活動などを行い、デジタル化に向けての下準備をします。その準備だけで短くとも6ヶ月を必要とします。

多くの会社では、ツールだけを導入して結果が出ないという話を聞きますが、弊社では、デジタル化の目的やビジョンのすり合わせ、まとまった予算の確保、戦略や組織の設計を徹底的に行うことを推奨しています。

 

支援フェーズ1:予算獲得支援

  • 経営層の理解
  • 中期経営計画の策定
  • 予算獲得
  • コア人材の獲得

支援フェーズ2:デジタル導入支援

  • ドメインの確定
  • 組織体制の構築
  • システム導入
  • 顧客理解活動
  • アジャイルの導入
  • MVPのローンチ

支援フェーズ3:デジタル活動支援

  • 人事制度変革
  • サービスデザイン
  • 組織連携
  • データ・ドリブン経営
  • オペレーション改革

支援フェーズ4:価値創出支援

  • KPIの改善
  • 顧客体験の実現
  • デジタルサービスの創出
  • データ活用の民主化

 

Client Service