Why did we start the company?

大企業の新規事業開発部門を支援するために操業しました。

何十年もの間、日本企業がデジタル領域で海外企業に負け続けているのは、プラットフォームビジネスやデジタルビジネスなどの新規事業に取り組めていないからだと考えています。

しかし、やりたくないからではなく、できないからであり、多くの大企業が本気で取り組めなかった構造的な理由を抱えています。

FACTORIUMは「デジタル事業開発」という武器を提供することで元々強かった日本企業の栄光を取り戻すために活動しています。

そのために自らも新しい技術(AI、ブロックチェーン、AR/VR/MR、IoTなど)を活用した事業を展開しています。大企業だけでは実現が難しいビジネスアイデアに我々がリスクを取って挑戦していきます。

スピード感を持って世界に通用するデジタルビジネスを作り続けることで、日本企業は世界の栄光を取り戻すことができるのではないでしょうか。

創業への思い
1.もう一つの可能性を追求してみたい

私のキャリアは、様々な企業で新規事業開発の仕事をしてきました。「創る」プロセスはとても楽しかったのですが、現実的には「承認」プロセスはとてもストレスがたまるものでした。

「承認」する幹部は「既存の領域から離れた領域で大きな事業を作ってほしい」と言いますが、

実際には

「中間管理職がアイデアを理解できない」

「技術を理解できない」

「本業から離れすぎている」

などの理由でブレーキをかけてしまいます。そうやって本来自分たちがマーケットを作るはずだった事業領域でスタートアップやライバル企業に先を越されるのです。

この辛さが私を蝕みました。

社内起業家(イントレプレなー)が夜を徹し、世の中を良くするために、会社の将来を真剣に考えてきたにもかかわらず、事業アイデアは「承認」「検討」プロセスで潰されてしまいます。

このようなシーンに遭遇するたびに、「もっといい世界を実現できるのではないか」と思っていたのですが、ある日、「自分がオーナーになれば、その可能性を実現できるかもしれない」ということに気がつきました。

それは一種のバランスなのかもしれません。

企業ブランドを背負って大きな資本でサービスを生み出すことの意義と、

自分がオーナーになって小さな資本でスタートアップで新しい価値を生み出すことの意義。

自分のキャリアやスキルが伸びるにつれ、後者の可能性に挑戦したいと思うようになってきました。

組織に縛られず、組織のカリキュラムや議論の余地を無視して、本当に社会に必要とされているプロジェクトに自分の手で取り組みたいと確信するようになりました。

2. 最高の製品を届けたい。

商品開発(事業開発)に取り組んでいると「品質」を追求したくなります。何よりも、自分の設計したものではないサービス/製品/事業の品質に嫉妬することがあります。

なぜ私は嫉妬してしまうのでしょうか?

心を動かす「品質」とは何を意味するのでしょうか?

これまでに約80件ほどの事業立ち上げに携わってきましたが「質」を追求するためには「質の高い」問題を解決するための体験を的確にデザインすることが一番の近道です。そのためには、仮説とテストを繰り返すことで体験の解決度を高めていく手法を研究しています。技術や市場のニーズではなく、人そのものを理解できるかどうかが品質を左右すると確信しています。FACTORIUMでは、チームメンバー全員の意思を尊重しながら、純粋に最高の製品を届けたいと考えている人たちを集めたいと考えています。

3.熱意を持って社会を動かしたい。

社会の大きな変化が起こる時、それは一人の人間の熱意によって生み出されます。その熱狂的な個人は、周囲の人々に大きな影響力を持っています。周りの人たちが触発され、火がつき、それを実現しようと行動に移します。これがスタートアップが生まれる仕組みだと考えます。

難しいのはその仕組みを作り続ける環境を作ることです。仮説検証を繰り返すことで、ここから生まれる起業家が社会を動かしていけるような世界を作っていきたいと思っています。

more than …

久米村隼人 Hayato Kumemura

株式会社FACTORIUM 代表取締役、株式会社DATAFLUCT 代表取締役、株式会社reporu 代表取締役、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

2007年にベネッセコーポレーションに入社後、CRMやダイレクトマーケティングに従事。その後、マクロミル・リクルートマーケティングパートナーズ・弁護士ドットコム・日本経済新聞社にて、広告・婚活・ヘルスケア・HR・データサイエンスなどの領域で15サービス以上の新規事業を創出。2018年8月より、 データサイエンスと人間中心設計を軸にデジタルプロダクトを生み出すFACTORIUMを創業。十数社の新規事業立ち上げ支援を行い、8つのスタートアップ立ち上げを行なっている。リクルートグループにて多数の新規事業開発コンテスト(NewRing)で受賞し、社内起業経験あり。大阪府立大学大学院工学研究科修了(数理工学専攻)、早稲田大学大学院商学研究科(夜間主MBA)修了。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の招聘職員

I’m writing medium.

https://medium.com/@hayatokumemura